面倒なお手続きや書類作成は行政書士にお任せください!

HOME > 新着情報 > 判例 > 赤い羽根事件

赤い羽根事件

赤い羽根

この事件ですね、赤い羽根の強制徴収は違法。
自治体加入の任意性なども問われてますね。

地縁活動は民間ボランティアに位置しているのですが、やはり行政も絡んではくるので行政で、最低限の法律マナーは教えてほしいと思う今日この頃です。

赤い羽根事件
(昭和19年8月24日大阪高裁)

地縁団体・甲は定時総会で自治会費を2,000円増額し、その全額を赤い羽根共同募金に寄付する旨の決定をしたことについて、

ここの住民のXは、本来任意で行われる寄付を強制するのは思想信条の自由を侵害する無効なものとして争いました。

大阪高等裁判所の見解

募金及び寄付金は、本来これを受け取る団体等やその使途いかんを問わず、すべて任意で行われるべきものであり、何人もこれは強制されるべきものではないとして、これが事実上強制される場合は、思想、信条の自由の侵害の問題が生じうるとしました。

思想、信条の自由を規定する憲法19条は、私人間の問題に当然に適用するものとは解されないが、事実上の態様等からして、

これが社会的に許容される限度を超えるものであるときは、思想、信条の自由を侵害するものとして、民法90条の公序良俗違反として、その効力を否定されるべき場合があるとしました。

本件の地縁団体は強制加入ではないものの、対象区域内の全世帯の約88.6%が加入する団体であり、

会員の脱会の自由が事実上強制されているものと言わざるを得ないとして、本件決議に基づく増額会費名目の募金及び寄付金の徴収は、一律に事実上の強制をもってなされるものであり、その強制は社会的に許容される限度を超えるものであり、本件決議はXらの思想、信条の自由を侵害するものとして、公序良俗に反し無効としました。


 
PAGETOP